イタリア文化会館

イタリア文化コース 「音楽のラテン語」(日本語による授業)

イタリア語や他のロマンス諸語はラテン語の影響を受けており、特にイタリア語はその面影を強く残しています。ラテン語はキリスト教国教となり、教会の公用語として使われ、グレゴリオ聖歌などに取り入れられました。この講座では音楽を通じてラテン語のテクストを読み、歴史や文化に触れながらラテン語の理解を深めます。ラテン語の基礎がある方が対象であるため、お申込前の事前連絡をお願いいたします。

anno 2024年
period 冬学期
学期開始日 2024年01月08日
学期終了日 2024年03月17日
お申込開始日 2023年12月04日
お申込締切日 2023年12月17日
コースカテゴリー
コースコード
LATVE1M-15
語学レベル:
不問
レベルチェック
不要
レッスン回数
10

Zoomオンラインレッスン

Zoomオンラインレッスン

このコースはオンラインとなっており、Zoomを使っています。

イタリア語やフランス語やスペイン語などの「ロマンス諸語」に分類される言語のルーツはラテン語です。その中でもイタリア語はラテン語の面影を強く残しており、単語や文法もラテン語との類似が顕著にみられます。そのため、ラテン語はイタリア語を学習されている方にとって親和性の高い言語といえるでしょう。

4世紀にキリスト教がローマ帝国の国教になると、ラテン語は教会の公用語として用いられるようになり、祈りやミサなど典礼の言葉にもっぱらラテン語が使用されることになりました。そのミサなどに際して歌われたのがラテン語を歌詞にもつグレゴリオ聖歌(4世紀から9世紀ころにかけて成立)ですが、ラテン語はグレゴリオ聖歌以降、今日に至るまで、西洋の様々な作曲家により音楽を付され、何世紀にもわたり宗教音楽を中心に歌われ続けてきました。

本講座ではそのように音楽を付されたラテン語のテクストを講読して音楽を聴き、歴史的・文化的背景にも触れながらラテン語の知識を深めます。
今学期は、前学期に引き続き、イタリア・バロック期の作曲家アントニオ・ヴィヴァルディ(Antonio Vivaldi, 1678-1741)らの声楽作品を取り上げ、そのラテン語テクストを講読し、音楽を聴きます。

*音楽的知識は特に必要ありませんが、ラテン語の基礎を学んだ方、あるいは学びつつある方を対象とします。初めて受講希望の方はイタリア語学校受付までお問い合わせください。

レッスンカレンダー

[ LATVE1M-15 ] 金曜日 NAGAMI Satoru
  • 2024/01/12 11:00 - 12:30
  • 2024/01/19 11:00 - 12:30
  • 2024/01/26 11:00 - 12:30
  • 2024/02/02 11:00 - 12:30
  • 2024/02/09 11:00 - 12:30
  • 2024/02/16 11:00 - 12:30
  • 2024/02/23 11:00 - 12:30
  • 2024/03/01 11:00 - 12:30
  • 2024/03/08 11:00 - 12:30
  • 2024/03/15 11:00 - 12:30

コース予約

時間帯
午前
曜日
金曜日
コースコード LATVE1M-15 講師名 NAGAMI Satoru レッスン形式 オンラインレッスン 曜日 金曜日 コース時間帯 11:00-12:30 頻度 週1回 レッスン回数 10 コース開始日 2024年01月12日 レッスン時間 90分 教科書 講師配布資料 定員 10 (申込可能)
価格:

¥32,000

申込可能

お申込みの流れについては、「申込方法」と「ご利用規約」の内容をご確認ください。
「コース予約」欄の項目「コース選択」をクリックし、表示されるコースリストよりご希望のコースを選択してください。
ご希望のコースを選択したら、「お申込み」ボタンを押し、オンライン予約を完了させてください。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

曜日と時間帯により異なりますので、「コース予約」欄の項目「コース選択」をクリックし、表示されるコースリストよりご希望の講師を選んでください。

教科書のご購入につきましては、授業開始日3~5日前に当校からメールで送られる開講決定のご案内までお待ちください。ご希望のコースが開講されることをご確認いただいてから、書店(イタリア書房や紀伊国屋書店など)あるいはオンラインストア(Amazonなど)で教科書をお求めいただけます。

無料体験レッスン実施中

▶イタリア語会話コース
▶イタリア語文法コース
▶初心者のイタリア語コース
ぜひ30分の無料体験レッスンを受けてみませんか。