イタリア文化会館

イタリア語
会話・リスニング

話す機会を増やして、コミュニケーション力アップ

イタリア語を学習されている方々から、文法力と作文力の上達は実感できる半面、会話はなかなか上達できず、実際に話をするのは苦手だというご相談が多く寄せられます。コミュニケーション力を向上させるためには、継続的にイタリア語を聞いたり話したりする機会を持つことがとても大切です。
また、ネイティブがよく使うフレーズやアクセント、発音に触れることで耳が慣れてリスニング力がつき、自分でも言ってみることで表現力が向上していきます。会話力の向上には普段からの地道なトレーニングが不可欠です。会話力が伸びるとイタリア語の学習はさらに楽しいものになるでしょう。

会話・リスニングのコースは2つのタイプに分かれていますので、自分の興味や関心、目的に合わせて選ぶことができます。ぜひ、イタリア語の学習に活用してください。

1) コースカテゴリー:「イタリア語」 話す・聞くに重点をおいて、会話やディスカッションの力を伸ばす講座です。旅行や駐在生活、留学などでよく使われるネイティブとの会話など、実践的な場面で役立つ会話力を養いましょう。コースカテゴリー「イタリア語」には、イタリア文化会館が考案したシラバスに沿って、初級(A2)から最上級(C2)までの5段階の語学レベルからなる「イタリア語 会話コース」があり、それぞれの語学レベルを4~5学期(約1年間)で修了します。

2) コースカテゴリー:「イタリア文化」 イタリア文化や文学、歴史、映画、ツーリズムなどのテーマに沿った講座の中に、会話やリスニングも含まれていますので、内容を聞き取る力、自らの考えを述べる力を養うことができます。興味のある対象の知識を深めながら、会話力も向上させましょう。

コースレベル分け

イタリア文化会館のレベル分けは、ヨーロッパ14カ国の研究者が協力し欧州評議会が語学力の国際的な目安として標準語学習得レベルを設定した「欧州評議会設定標準語学習得レベル」に基づき、入門A1、初級A2、中級B1、中上級B2、上級C1、最上級C2の6段階に分け設定されています

レベル別コース
ラインアップ