イタリア文化会館

イタリア文化コース 「オペラ―イタリア語発音講座 実践編」

anno 2023年
period 春学期
学期開始日 2023年04月10日
学期終了日 2023年06月25日
お申込開始日 2023年03月06日
お申込締切日 2023年03月23日
コースカテゴリー
コース種別
コースコード
MUMA2M-39
語学レベル:
不問
レベルチェック
不要
レッスン回数
10

Zoomオンラインレッスン

Zoomオンラインレッスン

このコースはオンラインとなっており、Zoomを使っています。

イタリア語発音入門講座を修学した学習者のための授業です。
受講にあたり、イタリア語の語学力は求められませんが、音楽分野で教育を受けた経験や実績が必要となります。ご興味のある方はお問い合わせください。

イタリア語の発音の授業についてとその必要性  

一般に、 イタリア語と日本語の発音は似ているとされています。そのため、しばしば発音 練習はおろ そかになりがちですが、語学力が向上しても、それが発音の正確さにつながるとは限りません。ある程 度は通じるものの、現地で会話をしてみれば、 その違いを痛感することでしょう。外国語の正確な発音 を身につけるには、それなりのトレーニングを受ける必要があるのです。  

相手の言葉を正確に聞き取ったり、なめらかで美しく話すためには、それぞれの音に対応する文字、 あ るいは文字の組み合わせを知るだけでは十分ではありません。まず、イタリア語のさまざまな音を聞き 分けることが大切です。そして、聞き取った音を音声記号に結びつけ、記憶の中に蓄積し、その音を自 分の声で再現していくことが、上達への近道です。  

この授業では、標準的なイタリア語の音声を収録し、IPA(国際音声記号)を改良して開発された CanIPA  という音声記号を採用しています。「発音記号と音」を結びつけるよう訓練することが重要だと言いま す。聴き取り音の模倣2つの言語の音の比較、といった段階を踏まえながら、1つの記号と1つの 音を確実に結びつけ、記憶に定着するまで反復することが重要です。  

そうすることで学習者はイタリア語のさまざまな音を聞き分け、1つ1つを適切な発音記号と結びつけ ることができるようになります。やがては、音を聴いたらすぐに正確な発音ができるようになるでしょ う。そのための具体的な方法が、本書には詰まっています。このメソッドが、皆さんの発音学の手助け になることを願ってやみません。最終的にお手本となる音を聞かなくても、音声記号であらわされた音 を正しく再現できるようになることが目指します。  

この授業では歌曲オペラアリアや受験者からリクエストされた曲を教材に発音とイントネーションを 学びます。  

 

授業の内容が以下の通りです。

1.講座のイントロダクションと今まで学んだことの復習  

2.子音・両唇音と歯音の復習  

4.子音・後部歯茎硬口蓋唇音と両唇音の復習  

5.子音・歯音と後部歯茎硬口蓋唇音の復習  

6.Monteverdi の歌曲による音声記号の歌い読み練習  

7.Scarlatti の歌曲による音声記号の歌い読み練習  

8.生徒自身が選んだ歌曲による音声記号の歌い読み練習  

9.生徒自身が選んだ歌曲による音声記号の歌い読み練習  

10.生徒自身が選んだ歌曲による音声記号の歌い読み練習  

この授業を通じて、みなさんのイタリア語が輝きを増していけば、このうえない喜びです。

 

コース予約

時間帯
午前
曜日
火曜日
コースコード MUMA2M-39 講師名 MISCIO Francesca レッスン形式 オンラインレッスン 曜日 火曜日 コース時間帯 12:40-14:10 頻度 週1回 レッスン回数 10 コース開始日 2023年04月11日 レッスン時間 90分 教科書 場面で学ぶイタリア語発音マスター 定員 10 (残席7名)
価格:

¥32,000

現在お申込み期間外のため、このコースにお申し込みいただけません。

お申込みの流れについては、「申込方法」と「ご利用規約」の内容をご確認ください。
「コース予約」欄の項目「コース選択」をクリックし、表示されるコースリストよりご希望のコースを選択してください。
ご希望のコースを選択したら、「お申込み」ボタンを押し、オンライン予約を完了させてください。
ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

曜日と時間帯により異なりますので、「コース予約」欄の項目「コース選択」をクリックし、表示されるコースリストよりご希望の講師を選んでください。

教科書のご購入につきましては、授業開始日3~5日前に当校からメールで送られる開講決定のご案内までお待ちください。ご希望のコースが開講されることをご確認いただいてから、書店(イタリア書房や紀伊国屋書店など)あるいはオンラインストア(Amazonなど)で教科書をお求めいただけます。