イタリア文化会館

イタリア文化 
音楽・オペラコース

400年前にイタリアで誕生したオペラの世界へ

“Vissi d’arte, vissi d’amore” 「歌に生き、愛に生き」
イタリアを代表する19世紀の有名な作曲家プッチーニオペラ『トスカ』の中で歌われるこの一節。イタリア好きの方なら一度は耳にしたことがあるかもしれません。主人公のトスカが絶望と悲しみの中で歌い上げるこのアリアは、マリア・カラスをはじめ多くの名ソプラノ歌手によって歌われてきました。

イタリアには、ミラノのスカラ座やヴェネツィアのフェニーチェ劇場をはじめ、各地に世界有数の劇場があります。舞台の上で繰り広げられる様々な事件や恋模様は、その場にいないと体験できない形のない芸術と言えるでしょう。400年前にイタリアで誕生したオペラ、その中で歌われているイタリア語は、いまでも使われている言葉が多く、また、フォルテ、ピアノ、ダ・カーポなど、音楽用語のほとんどがイタリア語です。イタリア語を習得することで、そうした「記号」が実のある「言葉」として実感できるようになるでしょう。

イタリア文化会館の音楽・オペラコースでは、都内音楽大学でも講師を務める発音のスペシャリストが、歌唱力や技術に加え、より自然な表現力を得られるよう発音の基礎を皆さんに教えます。

#オペラ #イタリアオペラ #スカラ座 #ミラノ #ヴェネツィア #フェニーチェ劇場 #ヴェローナ #野外劇場 #アレーナ・ディ・ヴェローナ #プッチーニ #ヴェルディ #ロッシーニ #ヴィヴァルディ #ヴェリズモ #マスカーニ #イタリア語 #ロマン派オペラ #アリア #ロレンツォ・ダ・ポンテ #サン・カルロ劇場 #アイーダ #オテロ #ナブッコ #リゴレット #椿姫 #トスカ #ノルマ #コシ・ファン・トゥッテ #オルフェオ #ラ・チェネレントラ #セヴィリアの理髪師 #フィガロの結婚 #清教徒 #ランメルモールのルチア #連隊の娘

各クラスの詳細

レベル

曜日

時間帯

music-of-latin-language
様々な時代に様々な作曲家により音楽を付されたラテン語のテクストを講読し、その音楽を聴きます。
午前
金曜日